シルクの寝具について

シルクの寝具は高級感あふれるものです。
シルクの肌触りは知っているでしょうが、寝具として使用する時の注意事項などはあまり知られていません。

 

参考までにシルクのことを少し復習してみましょう。
まず、シルクは国内で生産されているのでしょうか。
実は、大半が輸入品です。

 

戦前は絹糸の生産が積極的に行われていましたが、今ではほとんどが衰退してしまっています。
養蚕家の多くがコスト高となってしまって、従事者は減少する一方なのです。
100%輸入品になるのも時間の問題と言われています。

 

それから、絹の寝具は夏涼しくて、冬暖かいと言われています。
その理由は絹繊維の構造に起因しています。

 

繊維が三角形の構造をしており、その隙間が吸湿性の元となっているのです。
夏に汗をかいても、絹の表面はさらっとしているのです。
また、繊維の間の空気が防寒具の役割を果たしているため、冬でも暖かいのです。

 

絹は、新しい時は真っ白ですが、年月とともに黄色くなっていきます。
これは、シルクの最大の欠点です。

 

紫外線によって黄色に変色してしまうのですが、最近販売されているものは染色されていますから、あまりその心配はありません。

 

絹の欠点はもう一つあります。
それは摩擦に弱いと言うことなんです。

 

寝具に使用すれば、常に摩擦が起こっています。
そのためにだんだんと擦れて毛羽立ってきます。
ひどいと破れてしまうのです。これだけは仕方がありませんね。

 

最後に洗濯方法を紹介します。
シルクの洗濯は注意が必要ですが、ネットに入れて中性洗剤で洗濯すれば洗濯機でも特に問題ありません。

 

そうは言っても、手洗いの方が長持ちすることは間違いありませんので、時間があるときは手洗いで洗濯しましょう。

シルクの寝具 関連ページ

ベビー寝具
ベビー寝具についての紹介です。
子供用寝具
子供用寝具についての紹介です。
こたつ布団
こたつ布団についての紹介です。
羽根布団
羽根布団についての紹介です。
夏用寝具
夏用寝具についての紹介です。