ふとんの選び方

安眠には寝具が大きく影響します。
そこで、寝具の中の布団の選び方です。

 

一口に布団と言っても様々なものがあります。
つまり、素材によって大きく変わるのです。

 

一般的な羽毛は、水鳥の羽毛を原料にしたものです。
ガチョウやアヒルなどが大半です。

 

羽毛はダウン(羽毛)とフェザー(羽根)があり、ダウンの方が上質とされています。
羽根布団は保温性に優れており、手入れもそれほど難しくありません。

 

それから、羊の毛を使った羊毛布団があります。
掛け布団、敷布団どちらにも使用できます。
吸放湿性が一番優れていますが、日本ではあまり一般的ではないですね。

 

次に、綿を使った布団は昔からあるものです。
現在では、その材料の大半はインドやパキスタンなどから輸入されています。
これは、掛け布団にすると重いのが欠点です。
敷布団に使われることが多いようです。

 

それから、真綿です。
蚕の糸が原料となりますが、絹と同じく繊維の質が細くて柔らかいのが特徴です。
布団としては最高級の製品となります。
シルクのしなやかさを持った布団です。
軽く吸放湿性に優れていますから、一年中使用できます。

 

最後にポリエステルです。
これは合成繊維ですから、価格的には一番安くなります。
自宅の洗濯機で洗うことができるものが多くなりました。
アレルギーなどがある人にとっては、清潔に保つことができるのでメリットとなります。

 

このように素材にはメリット、デメリットがありますから、自分の生活に合わせて選ぶことが大切ですね。

おすすめのふとん

いいふとんとはどのようなものでしょうか?
一言で言えば、ぐっすり眠ることができるふとんがいいふとんですよね。

 

服や靴などは自分に合ったものを選ばなければいけませんよね。
それと同じように、布団も自分に合ったものを選ぶべきなんです。
服と同様、肌に直接触れるものですから、適当に購入するのは止めた方がいいでしょう。

 

大量生産された布団の方が安いのは当たり前ですが、睡眠・安眠を大事なものと考えるあなたにには、厳選されたものを紹介したいと思います。

 

大阪の卸問屋として、長年にわたって布団を作り続けている、「日の本寝具」を紹介してみます。

 

こちらは羽毛布団をメインに生産しています。
ブランドよりも品質にこだわっているのです。

 

それでもなるべく価格を抑えた工夫も怠っていません。
国内での縫製加工を貫いています。

 

羽毛布団と言うと、前述のように綿の布団と比べて軽いことが特徴です。
布団は重いものだと思っている人にとっては、ちょっと不安になる場合もあるようですが大丈夫です。

 

日の本寝具の羽毛布団の値段は、2万円前後からになります。
高いふとんになれば5万円以上もします。

 

一般的な通販サイトの値段よりも高いと思ってしまうことでしょう。
しかし、なんども言っているように寝具は品質が一番大事なのです。

 

安いものを購入しても、快適な睡眠が得られないのであれば、真剣に考えなければならないでしょう。

 

健康というのは、疲れを取るための睡眠から始まります。
そのことを考えれば、寝具にお金をかけるのも当たり前のことだと思います。

 

⇒ 日の本寝具の羽毛布団かこちらです

ふとんの選び方 関連ページ

ベッドの選び方
一口にベッドと言っても、いろいろなものがあります。ここでは、ベッドの選び方について話してみました。
シーツについて
シーツの種類や生地の特徴などを紹介しています。
毛布について
毛布についてのお話です。
マットレスについて
マットレスについてのお話です。
枕について
枕についての紹介です。
寝具カバー
寝具カバーについての紹介です。
タオルケット
タオルケットについての紹介です。
低反発素材の寝具
低反発素材の寝具についての紹介です。
寝具のメンテナンス
寝具のメンテナンスについて知っておきましょう。